不動産売却で高く売りたいなら!これだけは知っておくべき!

住宅の価値は時間の経過に伴って減価しますので、通常は住宅を売却した場合には売却損が発生することになります。ただし近年では都市圏などの人気エリアにおける物件価格が高騰してしますので、住宅を購入時よりも高値で売却できることがあるかもしれません。住宅の売却益が発生した場合には、譲渡所得税や住民税などの各種の税金を支払うことが必要になります。

 

物件を売却した際に払う税金にはどんな物がある?

住宅については税法上様々な区分が設けられているのですが、居住を目的とした住宅は「居住用財産」に区分されることになります。これは購入者本人はもちろんですが、家族が住む場合にも同様に取り扱われることになりますし、購入者が長期の出張や単身赴任などで長期間留守にする場合なども同様になります。

 

居住用財産を購入した場合には、税法上様々な優遇を受けることができます。居住用財産の譲渡所得に対しては3000万円までの特別控除が適用されますし、所有期間が10年以上の居住用財産の売却益には軽率減税が適用されるのです。

 

特別控除は課税の繰り延べになります。課税の繰り延べは課税の一時的な先送りとなりますので、免税や減税とは異なり将来において課税を先送りした分の支払いが必要になります。具体的には買い替えた物件を将来売却する際に支払いが必要になるのですが、この時には買い替えた物件の売却損が発生することがほとんどですから、これと相殺することで実質的な減税の効果を期待することができるのです。また軽率減税は上記の特別控除が適用されない、3000万円以上の譲渡所得に対して適用されることになります。

 

各種の専門家のアドバイスがもらえる不動産業者も増えている

近年では顧客サービスの一環として、各種の専門家との提携を行う不動産業者が増えています。具体的には税理士ファイナンシャルプランナーなどと、提携を行う不動産業者が多いようです。税理士は税金に関する専門家であり、ファイナンシャルプランナーはお金に関する専門家ですから、様々な疑問や不安などに対する的確なアドバイスを受けることができます。

 

住宅の販売により利益が発生した場合には各種の税金の支払いが必要になりますし、また住宅を買い替える場合には新しい住宅を購入するための資金の調達が必要になりますので、まずは専門家との提携を行う不動産業者に気軽に相談をしてみましょう。

 

今回は「家を売ることで売却益が出た場合の税金はどうなる?」「税理士や専門家によるアドバイスを受けれるのが不動産業者のメリット」「譲渡所得が3000万円を超えた場合、買い替えの特例が利用可能」などの項目についてご紹介しますので、税金の支払い資金の調達などのための参考として活用してみてください。

 

売却益と税金の対処はどうすればいい?のカテゴリー内容
  • 家を売ることで売却益が出た場合の税金はどうなる?
  • 住宅を買値よりも高値で売却して利益を得た場合には、各種の税金(譲渡所得税・住民税など)の支払いが必要になります。ただし居住を目的として購入した居住用財産を売却した場合には特別控除や軽率減税などの適用を受けることができますので、各種制度の積極的な活用をおすすめしたいと思います。

     

    居住用財産の譲渡所得に対しては最大3000万円までの特別控除が適用されますし、さらに所有期間が10年以上の居住用財産の売却に対しては軽率減税が適用されることになります。詳細については税理士などの専門家か、あるいは売却を依頼する不動産業者などに確認してみてください。

     

    >>家を売ることで売却益が出た場合の税金はどうなる?の詳細はこちら

     

  • 税理士や専門家によるアドバイスを受けれるのが不動産業者のメリット
  • 不動産の売却を検討する際には、様々な疑問などが生じることが多いようです。近年では税理士やファイナンシャルプランナーとの提携を行う不動産業者が増えていますので、まずは気軽に相談をしてみてください。経験や知識が豊富な専門家による、適切なアドバイスを受けることができます。

     

    税理士は税金に関するプロフェッショナルですから、住宅の売却で利益を得た場合の税金(譲渡所得税・住民税など)について相談することができますし、さらにファイナンシャルプランナーはお金全般に関するプロフェッショナルですから、資金の調達や住宅ローンの活用などについて相談することができるのです。

     

    >>税理士や専門家によるアドバイスを受けれるのが不動産業者のメリットの詳細はこちら

     

  • 譲渡所得が3000万円を超えた場合、買い替えの特例が利用可能
  • 不動産の売却による譲渡所得が3000万円を超えた場合には、買い替えの特例が適用されることになります。買換えの特例は免税や減税ではなく課税の繰り延べであり、譲渡益に対する課税を将来に一時的に先送りするものになりますので、先送りされた課税分は将来において支払うことが必要とされるのです。

     

    ただし将来において買い替えの特例が適用された不動産の売却損が発生した場合には、先送りされた課税分をこれと相殺することで税金の実質的な減額が可能になります。買換えの特例に関する詳細については税務署や、税理士との提携を行う不動産業者などに確認してみてください。

     

    >>譲渡所得が3000万円を超えた場合、買い替えの特例が利用可能の詳細はこちら

一括査定ランキング

一括査定ランキングはこちら

住宅を売却したことで利益を得たという場合には、各種の税金(譲渡所得税・住民税など)を支払うことが必要になります。基本的に住宅の価値は時間の経過とともに減少しますので、ほとんどの場合には住宅を売却すると売却損が発生することになるのです。ただし人気が高く買い手の需要が多い大都市圏の住宅などの場合には、購入後の値上がりにより売却益が生じることがあるかもしれません。今回は住宅の売却で利益を得た場合に支払い...

住宅の売却により利益が発生した場合には、税金を納付することが必要になります。住宅の売却を依頼するのであれば、税金に関する知識が豊富な不動産業者を選ぶようにしましょう。近年では税理士やファイナンシャルプランナーなどの専門家と提携を行う不動産業者が増加していますので、これらの不動産業者に依頼するようにすれば税金の納付や資金の調達などについて様々なアドバイスを受けることができるはずです。今回は税理士やフ...

住宅に関する税金については、各種の特例を利用することができます。具体的には「居住用財産の3000万円の特別控除」「長期譲渡所得の軽減税率」「特定居住用財産の買換え特例」などの特例を利用することができるのです。3000万円までの特別控除と長期所有物件の軽率減税については別の項目で解説しましたので、今回は特定居住用財産の買換え特例について解説してみたいと思います。住み替えのために住宅の売却を検討してい...