高品質のサービスを提供するのが大手不動産業者のメリットです

住宅の売却により利益が発生した場合には、税金を納付することが必要になります。住宅の売却を依頼するのであれば、税金に関する知識が豊富な不動産業者を選ぶようにしましょう。近年では税理士やファイナンシャルプランナーなどの専門家と提携を行う不動産業者が増加していますので、これらの不動産業者に依頼するようにすれば税金の納付や資金の調達などについて様々なアドバイスを受けることができるはずです。

 

今回は税理士やファイナンシャルプランナーとの提携を行う不動産業者を選ぶことのメリットについて、さらに詳しく確認してみたいと思います。住宅を売却した後のライフプランなどを検討するためなどに、積極的に活用してみてください。

 

税理士やファイナンシャルプランナーとの提携を行う不動産業者をおすすめします

税金に関するプロフェッショナルであるのが税理士です。住宅を売却して利益を得た場合には、様々な税金(譲渡所得税・住民税など)を支払うことが必要になります。経験が豊富な不動産業者は税金に関してもかなりの知識を有しているのですが、やはり専門家である税理士にはかなわないようです。

 

近年では税理士との提携を行う不動産業者が増加しています。住宅の売却に関する税金について疑問や不安などがあれば、税理士との提携を行う不動産業者に相談をしてみてください。またその他にはファイナンシャルプランナーとの提携を行う不動産業者なども増えています。

 

ファイナンシャルプランナーはお金に関する専門家です。住宅購入のための資金調達住宅ローンの返済などに関する疑問や不安などは、ファイナンシャルプランナーとの提携を行う不動産業者に相談をしてみましょう。

 

税金などに詳しい担当者がいる不動産業者を選ぶようにしましょう

不動産業者は住宅販売のプロフェッショナルですが、すべてに対して知識が豊富だというわけではありません。特に税金については高度に専門的な知識が必要になりますので、正直よくわからないという担当者なども多いようです。

 

販売経験が豊富な不動産業者に依頼をすれば住宅の売却については安心して任せることができるのですが、売却後の税金の支払いや住宅ローンの清算などの手続きで困ることなどがあるかもしれません。売却を依頼する不動産業者を選ぶ際には、担当者としっかりと話をして詳しい知識があるかどうかを確認してみてください。担当者との相性が、住宅販売では特に重要になるのです。

 

仲介手数料の割引を行う不動産業者には注意が必要です

住宅を売却する際に不動産業者に支払う仲介手数料については、これをできるだけ安く済ませたいと考える売り手が多いようです。しかし仲介手数料の値引きなどにこだわりすぎてしまうと、むしろ逆効果になって損をしてしまうかもしれません。

 

売り手が支払う仲介手数料は、その多くが不動産業者の広告宣伝費用として使われています。仲介手数料の割引を行う不動産業者の場合には、その多くでは広告宣伝費用を減らすことにより利益を獲得しているのです。一方で大手不動産業者では仲介手数料の割引などは行わず、既定の料金を売り手に対して請求しています。

 

これは広告宣伝のために一定の予算を使っていることが理由であり、そのための費用を売り手に対してしっかりと請求しているのです。いくら仲介手数料が安くても買い手が見つからなければ意味がありませんので、ある程度の仲介手数料を支払ってもしっかりとした広告宣伝を行う不動産業者に売却を依頼した方がトータルではお得になるのです。

 

信頼できる不動産業者は不動産一括サイトで探してみましょう

今回は税理士やファイナンシャルプランナーとの提携を行う不動産業者を選ぶことのメリットについてご紹介しました。主な内容を簡単にまとめると、以下のとおりです。

 

  • 税理士やファイナンシャルプランナーと提携を行う不動産業者がおすすめです
  • 税金などに詳しい担当者がいる不動産業者を選ぶようにしましょう
  • 仲介手数料の割引を行う不動産業者には注意をしてください

 

不動産業者を選ぶ際には、複数の不動産業者を比較・検討して最適な業者を選ぶようにしてください。不動産業者を選ぶためにはインターネットの不動産一括査定サイトが役立ちます。担当者の対応や提示された査定額などをしっかりと確認して、安心して販売を任せることができる不動産業者を選んでみてください。

一括査定ランキング


一括査定ランキングはこちら