金融機関の住宅ローンが使えない理由

連棟式建物の売却が難しい理由の一つに、購入者が「金融機関の住宅ローン」を使えないことが多いことがあげられます。そこで今回は、連棟式建物の購入に金融機関の住宅ローンが使えない理由や、それ以外の購入方法について、お話しします。

 

連棟式建物の購入に住宅ローンが使えない理由とは?

連棟式建物の切り離しが行えることになり、接道要件を満たすように土地の分筆ができたとしても、自分が所有する一戸を購入しようとする買い主が、金融機関の住宅ローンを受けられないことで、断念するケースも多々あります

 

それは、金融機関の住宅ローンを借りるためには、現行の建築基準法に適合した物件であることという項目があるからです。連棟式建物の土地を分筆した結果、住宅を建てるための最低敷地面積に達していないと、違反建築物とみなされ、再建築不可物件となってしまうのです。

 

その場合は、金融機関で住宅ローンを借り入れることはできません。また、連棟式建物は住宅の担保価値が低いので、それが住宅ローンの審査を通りにくくする原因になることも多いです。

 

連棟式建物の売却方法として考えられることは?

ですが、連棟式建物を売却する方法は、ほかにもあります。まず、買い主に現金購入してもらうことです。ですが、連棟式建物の価格によっては、現金で用意できない買い主もいます。

 

その場合、ノンバンクをはじめとする金利の高い金融機関で住宅ローンを組むという方法もありますが、所有する連棟式建物にそこまでの価値がなければ、当然買い手はつきません。その場合は、連棟式建物専門の買取業者などに売却するのも、一つの方法です。

一括査定ランキング


一括査定ランキングはこちら