連棟式建物をリフォームすることは可能なのか

自分が所有する連棟式建物をより良い条件で売却するために、リフォームを検討する人もいるはずです。ですが、連棟式建物をリフォームする場合も、さまざまな条件があります。そこで今回は、リフォームとは何か、連棟式建物でリフォーム可能な範囲について、お話ししたいと思います。

 

リフォームとは何か

近年、「リノベーション」という言葉をよく見聞きすることが増えました。「リフォーム」と混同されることも多いのですが、実は内容が異なります。

 

明確に定義されているわけではありませんが、リフォームとは古くなった設備や内装を新しくする、あるいは間取りを変えることをいいます。意味合いとしては、老朽化した物件を新築に近い状態に戻すことです。

 

連棟式建物でリフォームできる範囲とは?

連棟式建物の場合、リフォームできるのは、自分が所有している範囲だけです。室内のクロスを貼り替えたり、設備を新しくすることはできますが、基本構造を変えることはできません。

 

また、共同使用している水道やガス、電気の設備や、耐震・外壁などの大規模なリフォームを、ほかの所有者全員の同意を得ずに行うことはできません

 

連棟式建物を売却する前にリノベーションするのは大丈夫?

リノベーションとは、古い建物の良さを活かしつつ、給排水や電気、ガスの配管などの機能を全部刷新して向上させたり、デザインや間取りを現代風に変えることで、中古住宅に新たな付加価値をつけることをいいます。

 

そして、連棟式建物をリノベーションするケースが増えているのだそうです。そこで今回は、連棟式建物をリノベーションするメリットとデメリットについて、お話ししたいと思います。

 

連棟式建物をリノベーションするメリットとは?

連棟式建物が木造の場合、切り離しての建て替えは不可能です。また、連棟式建物をリノベーションする際、CO2の排出量や廃棄物の発生量が、建て替えより減ることを考えても、建て替えよりメリットがありそうです。

 

連棟式建物を建て替えることと、リノベーションすることを比較した場合のメリットの筆頭にあがるのは、費用を安く抑えられることです。

 

建て替えの場合には建物の解体費用や基礎工事が必要ですが、リノベーションの場合は壁や屋根などの共有部分を切り離す必要もなく、耐震強度をあげる費用も、建て替えより安く済みます。そして、固定資産税も建て替えるよりリノベーションの方が安くなる可能性が高いのです。

 

次に、居住スペースが狭くなるリスクが少ないことです。連棟式建物を現行の建築基準法に適合するように建て替えるとなると、元々壁のあった場所よりも内側に新しい壁ができることが多いです。さらに、接道要件を満たすために、建物を建てる位置を後退させなければならないこともあります。その点リノベーションの場合は、現在の住居スペースをそのままに、改築することができます。

 

連棟式建物をリノベーションするデメリットとは?

一方の連棟式建物をリノベーションする場合のデメリットには、基本構造が変えられないことがあげられます。これは、建て替えではないので仕方がないことです。

 

また、連棟式建物の老朽化が激しい場合には、建て替えるよりリノベーションする方が費用がかかることもあります。連棟式建物の基礎の沈下や傾き、土台の腐食、シロアリによる被害などがある場合は、建て替えを検討した方がよいかもしれません。

 

また、リノベーションにかかる費用は、住宅ローンを利用することはできません。リフォームローンは利用できますが、住宅ローンより金利が高くなります。

 

こうしたメリットとデメリットを検討したうえで、連棟式建物をリノベーションするかどうかを判断しましょう。もちろん、連棟式建物のリノベーションにも、ほかの所有者全員の同意が必要です。

一括査定ランキング


一括査定ランキングはこちら