不動産会社に仲介をお願いして事故物件を売却する方法

不慮の事態で、所有する不動産が事故物件(心理的瑕疵物件)になってしまう可能性は、誰もがもっているものです。そして、事故物件(心理的瑕疵物件)になってしまった場合でも、それを売却することは不可能ではありません。その方法の一つを、ここで紹介します。

 

事故物件(心理的瑕疵物件)は不動産会社に仲介を依頼しよう

もし、所有している不動産が事故物件(心理的瑕疵物件)になってしまった場合、告知義務を負いますし、相場より価格が下がってしまうので、個人売買をするのは難しいのが現実です。事故物件(心理的瑕疵物件)であっても、少しでも高く売却したいと考えているなら、不動産会社に仲介してもらうことをおすすめします。

 

事故物件(心理的瑕疵物件)の場合、買い取り価格は相場の5〜6割になるのが一般的です。ですが、不動産会社に仲介してもらうことで、相場の7割で売りに出して買主を探し、事故物件(心理的瑕疵物件)であることを告知したうえで価格交渉をしてくれるので、買い取りよりも高めに売却できる可能性が高くなるのです。相場より安い物件にはある程度需要があるので、まず不動産会社に売却の仲介をお願いしてみましょう。

 

仲介をお願いする不動産会社選びで重視すべきことは?

事故物件(心理的瑕疵物件)の売却を不動産会社に仲介してもらう場合、依頼するところを決めなければなりません。その際に考慮しなければならないのは、不動産会社であればどこでも、事故物件(心理的瑕疵物件)の売却に長けているとはいえないことです。そこで、仲介をお願いする不動産会社選びで重視すべきことについて、お話しします。

 

事故物件(心理的瑕疵物件)に慣れている不動産会社を探そう

事故物件(心理的瑕疵物件)を売却するにあたり、不動産会社に仲介を依頼する場合、1社に頼むケースと、複数の会社に依頼するケースがあります。そのいずれにしても、事故物件(心理的瑕疵物件)を売却したいなら、そうしたケースに慣れている不動産会社を探すことが大切です。

 

実は、事故物件(心理的瑕疵物件)が売却できるかどうかは、不動産会社の力によっても左右されるからです。事故物件(心理的瑕疵物件)の売却を依頼して、3カ月経っても売れない場合は、不動産会社を変えるか、買い取りを検討することをおすすめします。

 

複数の不動産会社に相談することから始めよう

事故物件(心理的瑕疵物件)の売却の仲介を不動産会社に依頼する場合、複数に相談してみることがセオリーです。その理由について、お話しします。

 

複数の不動産会社に相談するメリットとは?

一口に不動産会社といっても、会社規模はさまざまです。そして、大手の不動産会社になればなるほど、事故物件(心理的瑕疵物件)の取り扱いを避ける傾向が強いのが現実です。その場合、さほど知名度がない不動産会社に依頼することになります。

 

だからこそ、信頼に値する相手かどうか、売り主はしっかり見極めなければなりません。事故物件(心理的瑕疵物件)の売却に誠実に取り組んでくれる不動産会社かどうかを比較するためにも、複数のところに相談し、担当者の対応がよいと感じたところを選ぶようにしましょう。

 

一括査定を利用するという方法もある!

とはいえ、事故物件(心理的瑕疵物件)の仲介について、いきなり電話や訪問して相談するのは、荷が重いと感じる売り主も少なくありません。その場合は、インターネットの不動産一括査定を利用してみましょう

 

不動産一括査定を行うウェブサイトの場合、備考欄に「事故物件(心理的瑕疵物件)だが売却は可能か」と記載しておけば、対応できると考える不動産会社から連絡がくるものです。問い合わせしてくれた不動産会社の中から、対応のよいところに仲介をお願いする方が、安心できるはずです。その際、1社に限らず、複数の不動産会社に仲介を依頼するのもおすすめです。

 

不動産買取オークションを利用するという方法もある!

ネットショッピングが当たり前に行われている現代では、不動産も買取オークションが行われています。そこで、事故物件(心理的瑕疵物件)を不動産買取オークションで売却する方法も検討できます。

 

不動産買取オークションって何?利用するメリットは?

不動産買取オークションとは、売却したい不動産をオークションサイトを通して買取業者や個人が出品された物件をチェックし、買い取りしてくれるという方法です。

 

出品されているのが事故物件(心理的瑕疵物件)であっても、複数の買取業者がオークションに参加していれば、そこには競争意識が生まれることが多いです。そのため、物件に需要があれば、査定価格が高くなる可能性があるのです。その場合は、通常の買取価格よりも高値で売れます。特に、早く事故物件(心理的瑕疵物件)を売却したいと考えているひとにおすすめです。

 

ただし、不動産買取オークションを利用する場合は、希望する売却価格より低い金額でしか入札がなかった場合でも、1人でも購入希望者がいれば落札され、売却をキャンセルできないというデメリットもあります

 

事故物件専門の買取業者に依頼する方法

不動産会社に事故物件(心理的瑕疵物件)の仲介を依頼しても売却できず、不動産買取オークションへの出品はためらわれる場合には、事故物件専門の買取業者に依頼するという方法もあります。

 

事故物件専門の買取業者とは?依頼するメリットは?

不動産会社にもいろいろな種類があり、仲介料をとって買主を見つける「仲介業者」と、物件そのものを買い取ってくれる「買取業者」があります。その買取業者の中に、事故物件を専門にしている不動産会社があるのです。

 

買取業者に売却するメリットとしては、即金で現金が手に入ること、仲介手数料が不要なことがあげられます。ですが、事故物件(心理的瑕疵物件)の場合は買取業者のリスクが高くなるので、買取金額が低く提示されることが多いというデメリットもあります。事故物件専門の買取業者への依頼は、最終手段として検討することをおすすめします。

一括査定ランキング


一括査定ランキングはこちら