都内のマンションを購入する前に知っておきたいこととは?

一括査定ランキング

一括査定ランキングはこちら

都内マンションの売買を考えている場合、相場に照らし合わせた上で検討していく必要があります。では、都内のマンションの相場はどのような動きを見せているのでしょうか。一口に都内といっても、その土地によって随分と相場に開きがあるものです。ですので、一概に「相場はこうなっている」とは言いづらいのが実際のところ。それを踏まえた上でチェックしてみましょう。都心回帰の流れが強いまず、現在の不動産マーケットの状況を...

都内のマンションはどうしても地方と比べると価格が高くなります。そのため「無理に購入するのではなく、賃貸で良いのではないか」「賃貸の方がお得になることが多いのでは?」という意見も多いです。確かに、一昔前までは購入よりも賃貸の方が条件が良いこともありました。しかし、低金利化に伴って購入した方がお得になるケースが増えています。どうしてこのような考え方が浸透し始めたのかというと、以前まではリーマンショック...

ここ数年の間、都内の中古マンションは緩やかに値段が高まりつつある、と言われています。いわゆる上昇基調が続いている状態です。消費税増税によって一時的に上昇基調が落ち着くのではないか、という予想もありましたがそこまで大きな影響はなかったようです。また、都内の中古マンション事情と深い関係のある「路線価」が上昇したことも話題になりました。3大都市圏をはじめとした主要都市のいずれも路線価が上昇し、千代田区、...

都内のマンションは他の地方と比べると価格が高いため簡単に購入できるものではありません。しかも、ここ数年はずっと上昇基調が続いており、価格上昇がどこまで続くか専門家の目を持ってしても分かりづらいのが実際のところです。新築マンションも、中古マンションもどちらも上昇基調が続いており、特に都心5区、都心近郊にこの傾向が顕著に見られます。復興需要、東京オリンピック、さらには円安など様々な要素が加わってさらな...

マンションの購入は人生の中で最も大きな買い物になるものです。特に都内マンションは地方と比べると場合によっては倍近い金額になることも。だからこそより慎重に検討していかなくてはなりません。マンションや住宅を購入する際によく言われているのが「年収の5倍までの価格」が目安だとされています。例えば、年収500万円の人は2500万円のマンションまでなら購入しても大丈夫、という計算になります。実は、この定説は住...

都内のマンションの賃貸相場は区によって随分と開きがあります。都心5区に関しては他の区と比較するとかなり高値に設定されています。ですので、一口に都内マンションと言っても住もうと思っている区によって賃貸の相場が違うことは理解しておくべきです。相場はその時々によって異なるため一概には言えませんが、大まかな傾向はあるので確認してみましょう。ワンルームの相場都内賃貸マンションのワンルームの相場をチェックして...

都内マンションは自分が住むことを前提として購入する場合も「将来売れるかもしれない」と考えて資産価値の高いものを選ぶのが鉄則。日本は東京一極化が止まらず、今もなお着々と進行しています。そこでここれは都内マンション購入時にチェックしたい資産価値が下がらないマンションのおすすめポイントを紹介していきます。おすすめポイントの大前提都内マンションは決して安いものではありません。主に土地代が大きく関わっていま...

都内マンションを購入するとき、少しでもお得になるものを選びたいものです。例えば同じマンションの中でも値段が異なることも珍しくありませんよね。またほとんど似たような条件のマンションでも値段が随分と違うことも。そんなときに注目したいのが「坪単価」です。例えば【1】70平方メートルで3000万円【2】80平方メートルで3000万円の二つのマンションがあったとします。当然【2】がよりお得になるのはすぐに分...

アベノミクスの低金利、これに加えて消費税の増税による需要を常に刺激し続けることで都内マンション市場は非常に活発です。これはここ数年の傾向として顕著に現れていますし、まだまだこの状態は続くのではないかと予想されています。そこで気になるのが「都内マンションの新築を買うタイミング」ではないでしょうか。やはり価格動向は逐一チェックして少しでも安く購入できるに越したことはありません。ちなみに2014年7月は...