低金利化の追い風もあって賃貸よりも購入の方が都内マンションはお得に?

都内のマンションはどうしても地方と比べると価格が高くなります。そのため「無理に購入するのではなく、賃貸で良いのではないか」「賃貸の方がお得になることが多いのでは?」という意見も多いです。確かに、一昔前までは購入よりも賃貸の方が条件が良いこともありました。しかし、低金利化に伴って購入した方がお得になるケースが増えています

 

どうしてこのような考え方が浸透し始めたのかというと、以前まではリーマンショックによって都内マンションの価格が高くなっていたこと、金利がまだ高かったことなどが大きな原因として挙げられます。

 

賃貸の場合はこれらの影響はそこまで大きくありませんでした。しかし、ある程度年数が経って都内マンションの価格も落ち着いてきて、さらに超低金利状態が続いているため購入の負担がかなり軽くなったというわけです。

 

賃貸では資産は得られない

都内マンションの購入が優位になりつつあるとはいえ、かなりまとまった金額を用意しなくてはなりませんし、住宅ローンも厳しい審査をクリアする必要があります。決して誰でも踏み切れるものではありません。

 

それを考えると、賃貸の方がハードルが低いのは間違いないでしょう。しかし、長い目で見ると賃貸の方が総出費が高くなる試算が多いですし、何より「賃貸では資産を得られない」のは大きなポイントとなってくるでしょう。

 

都内マンションを購入した場合、住宅ローンが完済すればその時点で「資産」を手に入れることになります。果してそのときになってどれくらいの資産価値があるのかは分かりませんが、価値が全くない、ということはありえません。もしも現在の都心一極・回帰の流れが続く可能性を考えると、いざという時に売却できればある程度まとまったお金に繋げられる可能性も。

 

都内マンションを購入するリスクは様々なものがありますが、賃貸との比較を慎重に行い、購入か、賃貸かを考えてみましょう。

一括査定ランキング


一括査定ランキングはこちら