都内マンションの賃貸相場は区によって大きく変わる

都内のマンションの賃貸相場は区によって随分と開きがあります。都心5区に関しては他の区と比較するとかなり高値に設定されています。

 

ですので、一口に都内マンションと言っても住もうと思っている区によって賃貸の相場が違うことは理解しておくべきです。相場はその時々によって異なるため一概には言えませんが、大まかな傾向はあるので確認してみましょう。

 

ワンルームの相場

都内賃貸マンションのワンルームの相場をチェックしてみましょう。最も値段が高いのは港区で、11.42万円となっています。次いで千代田区の10.14万円です。相場が安くなっているのが葛飾区の5.34万、板橋区・練馬区の5.6万円となっています。

 

2LDKの相場

1人暮らしや夫婦での2人暮らしに利用されることが多い2LDK。都内賃貸マンションの2LDKの相場をチェックしてみましょう。最も値段が高いのはやはり港区。相場は19.69万円となっており、次いで千代田区の18.57万円となります。相場が低いのは葛飾区の7.86万円。

 

3LDKから4DK

ファミリー向けとして需要が高い3LDKや4DK。都内賃貸マンションでこれらの間取りはどのような相場になっているのでしょうか。値段が高いのが千代田区の52.21万。次いで港区の43.67万円となっています。やはり高級志向の高い地区ほど側が高くなっていることが分かります。相場が低いのは葛飾区の11.85万円。

 

全体的な相場

都内賃貸マンションの全体的な相場を比較してみると、港区や千代田区をはじめとしたいわゆる「都心5区」はいずれも相場がかなり高めになっています。一方で、葛飾区、足立区、板橋区、江戸川区は相場が低めになっています。少し都心から離れたところの方が極力安く賃貸できることが分かります。

一括査定ランキング


一括査定ランキングはこちら