不動産売却で気になる疑問についてお答えします

住宅を売却する理由は人それぞれとなっているのですが、実際には住み替えを目的として現在住んでいる住宅を売却するというケースが多いようです。住み替えの場合には住宅を売却した代金を新しい住宅の購入資金の一部に充当することが一般的ですから、事前に売却に関するスケジュールをしっかりと確認しておくことが必要になります。住宅を売却するためにはある程度の期間が必要になりますし、売却した代金は売買契約成立後に入金されることになりますので、資金計画については十分な余裕を持って臨むようにしてください。

 

物件を売却するにはどれぐらいかかる?

住宅を売り出してから買い手が見つかって売買契約が成立するまでの平均的な期間については、戸建て住宅の場合には3ヶ月から半年程度、マンションの場合で2ヶ月から3カ月程度となっています。マンションの場合には比較的売れやすく、逆に戸建て住宅の場合には売却までに時間がかかるという傾向があるようです。

 

ただし上記の期間はあくまでも平均ですから、なかなか買い手が見つからずさらに時間がかかってしまうという場合もあります。また売却代金の入金は契約成立後に入金されることになりますので、実際にお金が入ってくるまでの期間については、上記よりも1ヶ月から2カ月程度多めに見積もっておくようにしましょう。

 

物件を売却する際の流れは?

不動産の平均的な売却の流れとしては、不動産業者に売却を相談する→不動産業者に査定を依頼する→売買の仲介を依頼する不動産業者を決定する→売却希望価格を決定する→広告や販売活動を行って買い手を探す→買い手を物件に案内する(内覧をしてもらう)→買い手に買付証明書を提出してもらう→実際の売却価額について交渉する→買い手と売り手が合意をしたら売買契約を締結する→引っ越しを行う、という順番で行われることになります。

 

どうしてもすぐにお金が必要な場合には、不動産業者に直接買い取りを依頼することもできます。面倒な手続きは業者が代行してくれますし、不動産相場に準じた金額でスピーディーに住宅を買い取ってもらうことができるはずです。ただし買取金額は一般的な住宅の売買よりも若干割安になってしまいますので、時間がかかっても高値で売却したいという人は不動産業者に売却の仲介を依頼する方法を検討するようにしましょう。

 

今回は「不動産を売却する時のスケジュールと注意点をチェックしてみよう!」「不動産の売却は抵当権がついたままでも可能?ローンが残っている不動産は売れるのか?」「不動産を売却するときは更地にした方が需要が高い本当?」「老後に備えて不動産や家を売る人が増加!ライフスタイルの変化が関心を高めている!」などの項目についてご紹介しますので、不動産売却に伴う疑問を解消するための参考として活用してみてください。

一括査定ランキング

一括査定ランキングはこちら

不動産売却に伴う疑問記事一覧

不動産を売却するつもりでいたけれど、実際にお金が手に入るまでどれくらいかかるのか気になる。あるいはどのような流れで進んでいくのかよく分からない。そこで今回は不動産売却のスケジュールについて紹介していきます。大まかな流れ、そして合わせてチェックしたい注意点も確認していきましょう。平均売却期間家の平均売却期間はマンション2〜3ヶ月、戸建てが3〜6ヶ月くらいとなっています。最近の傾向では、全国的にマンシ...

抵当権がついている不動産…早い話がローンが残っている不動産を売却することはできないか考えている人もいるかもしれません。例えば今のままでは住宅ローンの返済ができそうに無い、何か事情があってまとまったお金が必要など、色々な都合があると思います。そこで今回は抵当権がついている不動産も売却できるのかについて紹介します。抵当権がついていても不動産売却はできるほとんどの人はマイホーム購入時に金融機関から住宅ロ...

「不動産売却を考えているけれど…中古住宅と土地をセットで売却するより、更地にして土地だけ売った方が高くなることがあるって本当?」古い物件がある不動産…例えば築30年以上など「そのまま住むのが難しい不動産」は更地にしてしまった方が高く売却できることが多い、と言われています。ただ、必ずしも更地にしたほうが良いとは限らないのが難しいところ。そのまま売却して、買い手にリフォームしてもらった方が喜ばれること...

今まではファミリー向けの家や不動産を持っていたけれど、子どもが独立してそれぞれ家庭を持つようになったため夫婦2人では広すぎる。そこで2人暮らしにピッタリのサイズの家を見つけるために「今の不動産や家を売ることで資金にできないだろうか」と考える人が増えています。老後に不動産売却に踏み切るケースは年々増加の傾向にあり、1つの社会現象とも言えるのでは無いでしょうか。老後を考える年代の方たちはいわゆる「バブ...

複数人で不動産を所有していて、それを売却したい。けれどどのように進めて良いのかよく分からない…。そこで今回は共同名義不動産を売却する際のポイントを紹介していきます。共同名義の不動産を売却するときに必要なもの共同名義の不動産を売却する際には以下のものを共有者全員が用意する必要があります。実印、押印契約書への記名印鑑証明上記した通り、誰か1人が勝手に売却できない仕組みが見てとれます。なお勝手に処分する...

親や親戚、知人の不動産を相続した場合、その不動産を勝手に売却することはできません。法律上違法となってしまいます。もともとのを所有者の名義を相続人のものに名義変更する必要があるんですね。これを相続登記と言います。今回は不動産売却時における名義変更について紹介していきます。相続登記をしようまずは名義を自分のものに変更しなくてはなりません。相続登記すればあとは自由に不動産の売却ができるようになります。例...

平成28年1月1日からスタートしたマイナンバー制度。様々な場面で利用することが発表されていますよね。そんな中、あまり一般的とは言えない不動産の売却、購入、賃貸の取引などでマイナンバーが必要になるのかが気になる人もいらっしゃるのではないでしょうか。今回は不動産の売却とマイナンバーの関係について紹介します。マイナンバーの情報提供が必要不動産取引においてマイナンバーの提供が必要になる人は限られています。...

これまでは不動産の売却は不動産会社に仲介してもらうのが一般的でした。しかしインターネットが普及するにつれて次第に知名度を上げているのが不動産のオークションです。例えば有名どころで言えばYahoo!が提携している「マイホームオークション」や、楽天の「競売不動産楽天オークション」あたりになります。今回は不動産売却にオークションを活用するためのポイントを紹介していきます。不動産オークションのメリットとデ...

クーリングオフは決められた期間内であれば契約を無効にできる、というものです。私たちのイメージとしては商品を購入した際に「やっぱり違ったから解約したい」と言ったときに用いられていますよね。では不動産の売却でもクーリングオフは利用可能なのかというと、クーリングオフが適用されます。上手く活用することができればトラブルを未然に防げますね。今回は不動産売却時のクーリングオフに関する詳細や、適用するための条件...

不動産の売却は決して安いものではありません。むしろ高額なやりとりになるからこそトラブルが発生しやすいとも言えます。そこで今回は、事前にチェックしておきたい、不動産売却におけるトラブルとその対処法を紹介していきます。買い手がつかない不動産を売却したいと考える人はその土地に対して強い思い入れを持っていることが多いです。そのため市場価格よりも少し高値に売却価格を設定してしまいがち。もちろん仲介する不動産...

不動産を売却してしばらく経つと、税務署から「お尋ね」という書類が送られてくることがあります。多くの人にとって「何これ?」といった印象を受けるのではないでしょうか。今回は不動産売却後に送られてくる「お尋ね」について紹介します。お尋ねとは何か税務署から送られてくる「お尋ね」は法定書類ではないです。つまり、必ず回答する必要もなければ、提出する義務をありません。しかし、お尋ねの回答をしなければ「何か裏があ...

多くの方が不動産の売却に仲介業者を利用していると思います。かなり手間暇がかかるものですし、個人の力だけではスムーズに売却できないだけに「担当の人にお礼をしたい」と考える人も多いはず。しかし必ずしもお礼しなくてはならない、というルールはありませんし、そもそもお礼をするにしても何を贈るのが適切なのか難しいところです。そこで今回は不動産を売却したときのお礼について考えてみましょう。営業マンが頑張るのは仕...

現在所有している不動産を売却し、新居を購入するときに「また住宅ローンを組まないといけないのかな?」「売却してお金が手に入るまで新居が手に入らない…」と悩むことも多々ありますよね。ご存知の通り、不動産は売却してすぐにお金が入ってくるわけではありません。なので住居用の不動産を売却したお金で新居を購入しようと思ったら一時的にホテル住まいになったり、賃貸を利用するケースが多いです。また住宅ローンを活用して...

不動産を売却して利益が出たときは税金の支払いが必要となります。たとえ住んでいない不動産でも例外ではありません。費用や税金のことを事前に考えておかないと「こんなに税金がかかるなら売らなきゃ良かった」ということも。そこで今回は済んでいない不動産を売却する際にかかる税金について紹介していきます。居住用財産かで税金が変わる不動産を売却する時の税金には特例が用意されています。しかし、あくまでも居住用財産と認...

「不動産を売却すると翌年の健康保険料が大幅に高くなるって本当?」不動産を売却しようと考えている人からすると嫌な話題かもしれませんね。ご存知の通り、国民健康保険料は前年の所得によって決定します。また、不動産を売却して一時的に大きな利益が出ると、譲与所得から所得税や住民税などの税金がかかってくることに。今回は不動産売却における健康保険について紹介していきます。サラリーマンは安心してOK?会社から給与を...

年金生活を送っている人が、不動産を売却して一時的に利益を得た場合、もしかすると年金を止められてしまうのでは?あるいは減額されてしまうのではないかと心配になるケースが多いようです。しかし、結論を先に言えば不動産を売却したからといって年金が止められたり、減額されることはありません。その理由について紹介していきます。年金は積立制度不動産を売却してお金を出た状態は「一時所得」扱いになります。この一時所得で...

会社員や公務員の人は税金は会社が代わりに行ってくれます。なので基本的に確定申告とは無縁の生活を送っていますよね。しかし、不動産を売却するなど、給与以外の収入があったときは年末調整のための確定申告が必要になります。年末調整とは?会社員は毎月の給料の中から税金が天引きされます。これを源泉徴収と言いますが、毎月納めている納税額が正しいとは限りません。例えば各種控除を受けているなど。これを最終的に調整する...

不動産を売却すると、ほとんどの人が利益を得られます。となると当然確定申告が必要に。普段はサラリーマンとして働いている人は、確定申告は会社がやってくれるので特に意識していないかもしれません。実際、確定申告を忘れてしまう人が後を絶たないと言います。そこで今回は不動産売却によって確定申告をするときに必要な添付書類、そして確定申告が不要になるケース、確定申告での経費について紹介していきます。確定申告の添付...

専業主婦や、扶養内でアルバイトやパート収入を得ている人が、不動産を売却したときに「配偶者控除が外されるのでは?」と心配になりますね。結論を先に言うと不動産売却収入が発生した場合、条件によって配偶者控除が外れることがあります。しかし、必ずしも外れるとは限らないのも事実。そこで今回は不動産売却における配偶者控除について紹介していきます。配偶者控除の仕組みまずは簡単に配偶者控除の仕組みからおさらいしてい...

2008年よりスタートしたふるさと納税。興味のある人も多いのではないでしょうか。不動産を売却すると、一時的に納税額が大きくなってしまいます。しかしふるさと納税を有効活用することで、多少の税額を軽減できる…いわゆる節税ができる可能性があります。今回は不動産売却とふるさと納税の関係について紹介していきます。「十分税金を納めているんだからふるさと納税でさらに税金を支払うのは嫌だ!」と考えている人も、今回...

不動産を売却するとたくさんの税金を支払わなくてはなりません。何も知らなければそのまま税金を納める形になってしまいますが、いくつかの節税対策を活用することで少しでも納税額を抑えられます。主に使われているのは特別控除です。そこで今回は不動産売却の節税に役立ってくれる情報を紹介します。特別控除を活用しよう特別控除とは、特定の条件を満たしていれば、譲渡所得(不動産売却における所得)が計算上差し引かれる特例...