不動産の売却時につなぎ融資を便利に活用しよう!住み替えなど頼りになる場面は多い!

現在所有している不動産を売却し、新居を購入するときに「また住宅ローンを組まないといけないのかな?」「売却してお金が手に入るまで新居が手に入らない…」と悩むことも多々ありますよね。

 

ご存知の通り、不動産は売却してすぐにお金が入ってくるわけではありません。なので住居用の不動産を売却したお金で新居を購入しようと思ったら一時的にホテル住まいになったり、賃貸を利用するケースが多いです。

 

また住宅ローンを活用して新居を建ててから売却しよう!という方も。このようなケースが当てはまるなら、つなぎ融資を上手に活用することで問題解決できるかもしれません。

 

不動産売却でのつなぎ融資とは?

一般的な「つなぎ融資」は住宅購入時の着手金や中間金のために活用するイメージがあります。ですが不動産売却のつなぎ融資はこれとは性質が異なります。

 

具体的には住み替え時などに購入と売却のタイミングのズレを補うのが目的です。新居を先に購入してから今持っている不動産を売却する、いわゆる「買い先行」のときに活用します。

 

住み替えするときは不動産の売却代金を新居の購入資金に充てますよね。仮に売却時に期待するほどの金額でなくても、少なくとも頭金程度にはなってくれます。しかし購入時点ではまだ売却は完了していないため支払いには活用できません。

 

つなぎ融資は売却代金相当額が借りられる

各金融機関が提供しているつなぎ融資は売却代金相当額の借入が可能です。この借りたお金は購入資金の一部、もしくは全体に充当できます。

 

新しく不動産を購入する時の代金はつなぎ融資で支払って、不動産を売却したお金で一括返済する流れですね。イメージとしては「この不動産が売れたらお金を全部返すからちょっとだけ貸してください」といったところでしょうか。

 

利子を上乗せして返済する必要あり

とても便利なつなぎ融資ですが、あくまでも融資です。つまり利子が発生します。また各種手数料も必要です。契約する金融機関によって利率はまちまちですが、住宅ローンよりも少し高いイメージ。

 

ただ不動産売却時に一括返済する形になるため、そこまで大きな利子にはならないと思います。とはいえ事前に「最終的な返済額」をきちんと計算しておかないと「返済できそうに無い!」ということも十分起こり得ます。

 

住宅ローンは微妙?

つなぎ融資を知らない人は「新しく住宅ローンを組まないと」と考えるかもしれません。ですが、ほとんどの方はつなぎ融資を利用する形になります。

 

その理由は「断られることが多いから」です。住宅ローンは長期ローンなので、不動産売却時に一括返済するようなものではありません。もしも住宅ローンを組めるのならそれに越したことは無いですが、あまり現実的ではないのでつなぎ融資を検討したいところです。

 

終わりに

不動産売却時のつなぎ融資は大変便利な制度ですが、計画的に活用することが大前提です。もしつなぎ融資を使わずに済ませたいなら買い先行の住み替えは諦めて、売り先行で新しい不動産を購入するのが正解だと思います。もちろん仮住まいなどの負担はありますが…。いずれにせよ大きな金額が動くため、より慎重になるに越したことは無いでしょう。

一括査定ランキング


一括査定ランキングはこちら