不動産の売却で起こりがちなトラブルとその対処方法のまとめ

不動産の売却は決して安いものではありません。むしろ高額なやりとりになるからこそトラブルが発生しやすいとも言えます。そこで今回は、事前にチェックしておきたい、不動産売却におけるトラブルとその対処法を紹介していきます。

 

買い手がつかない

不動産を売却したいと考える人はその土地に対して強い思い入れを持っていることが多いです。そのため市場価格よりも少し高値に売却価格を設定してしまいがち。

 

もちろん仲介する不動産業者が適切な価格を提示してくれるはずなのですが、それが正しくないことも少なくありません。買い手がつかず、時間ばかりがかかってしまえば不動産としての価値が下がっていくだけで、ほとんどメリットはありません。

 

これを避けるためには、売却査定する業者をひとつに絞るのではなく、複数に依頼することがポイントになります。必ずしももっとも高い査定額を出した不動産業者がベストとは限らないことを覚えておきましょう。

 

買い手のわがままがひどい

ようやく買い手が見つかったと思っても、交渉期間中に様々な要望が出てくることも少なくありません。値切り交渉は当たり前。これはどの購入希望者も間違いなく行います。

 

しかしそれ以外にも次のようなケースがトラブルを招く原因として挙げられます。

 

リフォームの要求

今一番多いトラブルの原因ではないでしょうか。中古物件の売却だと、どうしてもリフォームやリノベーションを前提とした売り方をすることが多いです。

 

もちろん最初からリフォームを視野に入れた上で購入を検討する人もたくさんいますが、中には「リフォームしてくれるものだと思っていたのに」という人も。

 

リフォームしない代わりに販売価格を安くする、といった対処方法も挙げられます。無理に値段を下げずに、契約を破棄して他の購入者を待つのも手です。

 

様々な調査を要求

交渉期間中に様々な調査を要求されることがあります。よくあるパターンとしては土壌汚染調査報告書の提出、石綿使用調査、耐震性能評価…といったものが挙げられます。

 

決して安いわけではありませんが、これらの情報を用意できれば、要求してきた買い手以外にもアピールできる情報が揃うとも取れるため、積極的に対応したほうが良いかもしれませんね。

 

期限が来ても残金を払わない

売買契約が締結した後、代金の一部は支払い済み。残りの残金は後から支払う…という元で合意したにもかかわらず、期限が来ても一向に支払われる気配が無い…。

 

残念なことですが、こういったトラブルも頻発しています。通常だと、物件の引き渡しと唾液の支払いは同時に行われます。なので遅延が起こることはかなり稀です。

 

こういった場合は買い主に対して「早期履行の請求(お金を払うように要求)」しましょう。それでも支払いが見られない場合は、契約の解除が可能です。もちろんすでに受け取っている代金は買い主に返戻しなくてはなりませんが、これとは別に損害賠償を請求できます。

 

終わりに

このように不動産売却におけるトラブルは決して少なくありません。とはいえほとんどは仲介する不動産業者に相談することで対応してもらえるはずです。

 

しかし一方で不動産業者とのトラブルも考えられるため、まずは信頼できる不動産業者を探し出すことを優先させましょう。

一括査定ランキング


一括査定ランキングはこちら