抵当権がついている不動産の売却も可能!担保として設定された自宅の抵当権を外すことで買い手が見つかりやすくなる!

抵当権がついている不動産…早い話がローンが残っている不動産を売却することはできないか考えている人もいるかもしれません。例えば今のままでは住宅ローンの返済ができそうに無い、何か事情があってまとまったお金が必要など、色々な都合があると思います。そこで今回は抵当権がついている不動産も売却できるのかについて紹介します。

 

抵当権がついていても不動産売却はできる

ほとんどの人はマイホーム購入時に金融機関から住宅ローンを組むと思います。「住宅ローン、抵当権がついているけれど、今の住まいを売ることはできないだろうか」と考えることもあるでしょう。

 

結論を言えば、抵当権がついている不動産でも売却できます。もちろん住宅ローンを組んでいる以上、完済していないと正式に自分のものではない不動産を売ろうとしているわけで、それなりの手続きが必要です。

 

まずは自宅の抵当権を外す

住宅ローンを組む時、対象となる不動産は金融機関の抵当権が設定されます。これは万が一ローンを返済できなかったときのための担保です。

 

ローンの返済が滞ってしまったり、難しい状況に陥ってしまったときは、抵当権のついている不動産の競売にかけ、その売り上げでローンを回収しようという考えですね。つまり抵当権がついている不動産=売却できることが前提と言えます。

 

抵当権付きの住宅は買い手がつかない

自分が不動産を購入する側の気持ちになれば分かると思いますが、抵当権がついている住宅を購入したいと思うでしょうか。ほとんどの人はそうでない住宅の購入を希望しますよね。そこで買い手が気持ちよく不動産を選べるように、設定された抵当権を抹消することがほとんどです。

 

しかし抵当権を外す条件は「ローンの完済」。ルール上は売却できないように感じられます。しかし、実際の取引では売却代金をすぐに金融機関に支払うことで抵当権を抹消し、買い手側には直前まで抵当権がついていたことが分からないようにしています。

 

ローン残債を新規ローンに上乗せできることも

売却した不動産の代金で住宅ローン残債を完済できれば問題ありませんが、思ったよりも良い値段で売却できなかったときはローン残債が出てしまう可能性もありますよね。

 

例えばローン残高が3000万円の不動産を2500万円で売却できた。残りの500万円が準備できればローンを完済できる…という状況だったとします。普通なら自己資金で充当するなり、他の資産を売却してお金を作るなりする必要が出てきます。

 

もしも買い替えのための不動産売却を考えているなら、ローン残債を新規のローンに上乗せすることもできます。もちろんその分だけ返済期間が長引いたり、1回あたりの返済額が大きくなってしまう可能性はあるものの、長期的な視野で見れば非常に便利ですよね。

 

ただし、今組んでいる住宅ローンのときよりも審査は厳しいものになりますし、本当に返済できるのかを慎重な返済計画を建てる必要も出てきます。

 

終わりに

今回紹介してきたように、抵当権がついている不動産は売却できることが分かりました。とはいえ住宅ローンが残っている状態で売却するのは心もとないですし、必ずしもローンを支払えるだけの金額で売れるとは限らないのが怖い所でもあります。

 

上手く対処していくためには、できるだけ多くの不動産業者に査定をしてもらい、少しでも高く見積り査定を出した不動産業者にお願いする…といった工夫が必要になってくるかもしれません。

 

また同時にローンを組んでいる金融機関との話し合いも必要不可欠。まずは「今の不動産がどれくらいの金額で売却できそうか」「ローン残債はどれくらいなのか」を把握した上で売却するか否かを判断していきましょう。

一括査定ランキング


一括査定ランキングはこちら