老後の生活資金目的に不動産や家を売ることを考えるポイント

今まではファミリー向けの家や不動産を持っていたけれど、子どもが独立してそれぞれ家庭を持つようになったため夫婦2人では広すぎる。そこで2人暮らしにピッタリのサイズの家を見つけるために「今の不動産や家を売ることで資金にできないだろうか」と考える人が増えています。

 

老後に不動産売却に踏み切るケースは年々増加の傾向にあり、1つの社会現象とも言えるのでは無いでしょうか。老後を考える年代の方たちはいわゆる「バブル世代」の人達になります。この頃は「不動産や家を持つことが1つのステータス。当たり前の時代」でした。

 

しかし状況も変わってきていますし、老後の蓄えや生活資金のことを考えると売却に踏み切りたい人が出てきてもおかしくありません。またすでに住宅ローンが終わっている、あるいはもうすぐで終わる人が多いのも老後の不動産売却に繋がっていると思います。

 

老後の生活資金を考える

今もている家や不動産を売却することで、新たな家の購入、あるいは賃貸の家賃に充てようと考える方がほとんどだと思います。築年数にもよりますが、不動産売却で利益を得られるといえども、期待するほどの金額になるとは限りませんし、少なからず貯蓄がなければ難しい部分もあります。

 

すでに年金生活に入っているなら月々の収入はそこまで大きいわけではないため、これをあてにするのは厳しいですね。家や不動産を売る、新しい家を購入する。こういった選択の前に今の貯金の中から使える額はどれくらいなのかを考える必要はあると思います。

 

老後は思っている以上に長くなるため、無計画に貯金を使ってしまうと思うの生活資金も心配ですよね。まずはどれくらいの価格で売ることができるのか、どれくらい手元に残るのかをチェックしましょう。不動産業者に相談するのもオススメです。

 

子どもにも相談するべき

子どもがいて、家や不動産を売るつもりでいるなら、事前に相談することを忘れないようにしましょう。子どもたちにとっても思い出の家ですし、家を売却した後のプランについてきちんと説明しておかないと不安にさせてしまうかもしれません。

 

また子どもたちの方が不動産売却に関するノウハウを持っている可能性もあるため、相談役としても話をするべきではないでしょうか。

 

リバースモーゲージ(住宅担保型老後資金ローン)も検討してみる

老後のことを考えて、家や不動産をすぐに売るのではなく、リバースモーゲージ(住宅担保型老後資金ローン)のことも検討してみましょう。

 

こちらは家や不動産の売却額に応じて金融機関から年金のように毎年一定額を受け取る、あるいは設定した一定の枠内で受け取ることができるサービスです。家主が亡くなったときに自宅を売却、借入額も一括返済する形となります。

 

リバースモーゲージは資金用途自由(ただし事業性資金は不可)なのでまさに老後向けのサービスですね。自宅を手放すことなくゆとりのある生活を目指したい方は検討してみましょう。

 

終わりに

ある程度の年代に差し掛かってくると「終活」を意識するようになります。老後を考えて家や不動産を売るべきか、あるいは残しておくべきか…判断が難しい部分もありますよね。

 

自分1人だけで考えるよりも、専門的な意見を取り入れた方が結果的に良いことがほとんど。懇意にしている不動産業者や専門家がいるのなら相談してみてはいかがでしょうか。

一括査定ランキング


一括査定ランキングはこちら