不動産の売却は即時完了するわけではない!戸建てなら3〜6ヶ月くらいのスケジュールを見積もっておこう!

不動産を売却するつもりでいたけれど、実際にお金が手に入るまでどれくらいかかるのか気になる。あるいはどのような流れで進んでいくのかよく分からない。

 

そこで今回は不動産売却のスケジュールについて紹介していきます。大まかな流れ、そして合わせてチェックしたい注意点も確認していきましょう。

 

平均売却期間

家の平均売却期間はマンション2〜3ヶ月、戸建てが3〜6ヶ月くらいとなっています。最近の傾向では、全国的にマンションよりも戸建ての方が売れにくいのは間違いありません。

 

もし仮にすぐ買い手が見つかったとしても、実際に現金が入ってくるまで1ヶ月〜2ヶ月は多めに見積もっておくべきです。売れたからすぐにお金が入ってくるわけではないためこの点は要注意。

 

すぐに現金が欲しいときは業者に

不動産を売却してすぐお金が欲しい!という時は不動産業者に買い取りしてもらうのが良いと思います。買い取り額も相場に合わせた適切な金額が期待できますし、面倒な手続きなどを代行してくれるのも大きいポイントです。

 

不動産売却のスケジュール

今回は一般的な戸建て住宅の売却スケジュールを紹介していきます。マンションなど他の種類の不動産でも流れやスケジュールとしてはほぼ同じです。買い手が見つかるまでのスピードに若干違いがあるくらい。

 

売却相談

まずはどの不動産業者に売却を依頼するかを決定しなくてはなりません。何となく「近くにある不動産屋さんでいいかな?」と考えてしまいがちですが、必ずしもベストではない可能性も。可能であればインターネットなどを駆使して不動産業者の口コミや評判、体験談などをチェックすることをオススメします。

 

査定

お願いしようと思える不動産業者が決まったら、次は不動産の査定依頼をお願いします。まずは「簡易査定」から始めるのですが、この時点なら複数の業者に見積りを出してもらってもOK。5社でも10社でも簡易査定が受けられるため、少しでも多くのサンプルを手に入れて、もっとも査定額の高いところを選びたいですね。

 

仲介業者を決める

ある程度査定額が出揃ったら、複数の不動産会社の中から1社だけに絞りましょう。どこかひとつに絞りきれない時は「一般媒介契約」で売りに出すこともできます。これは複数の不動産業者に取り扱ってもらうもので、より多くの人々の目に触れる機会があります。

 

しかし、不動産業者としては利益につながりづらく、あまり力を入れて宣伝してくれないためなかなか買い手が見つからないことも。ですので特に理由が無いならどこか1社だけに絞ることをオススメします。

 

販売額の決定

不動産業者と媒介契約を結んだらいよいよ売り出しに入ります。当然販売額が決まっていなければ売り出しを始められません。売り出し価格は自分で決めても良いですし、不動産業者の担当者と話し合いながら妥当な金額を探ることもできます。最終的な決断は不動産の持ち主となります。

 

物件案内(内覧)

不動産業者を経由して買い手が興味を持ったら次のステップとして物件案内(内覧)に移ります。基本的に不動産業者に任せっきりで大丈夫ですが、自分自身で不動産を紹介したい、どんな人が見に来たのか会ってみたい時は参加してもOKです。

 

買付証明書

内覧者が不動産を気に入り、買うつもりでいるなら「買付証明書」を発行します。購入価格や引き渡し時期、手付金額など大切な情報が記載されているので慎重に保管しましょう。

 

価格交渉

不動産売却で避けられないのが価格交渉です。提示した金額のまま売却されることの方が珍しく、ほぼ間違いなく交渉が入ります。買い手は値切りますし、売り手は利益が残るように調整していかなくてはなりません。

 

場合によっては「断られても良いや」くらいの気持ちで値引き交渉する人も少なくないため、その辺りの見極めは慎重に。あまりにも価格交渉がひどかったり、無茶な要求だと感じたら断る勇気も大切になります。

 

契約

売り手側、買い手側の双方が合意すればいよいよ売買契約です。必要な書類などは不動産業者が代わりに準備してくれるので特に問題はありません。指示された通りに書類を作成・提出しましょう。

 

引っ越し

売買契約が完了してすぐ引っ越し、というケースの方が珍しいです。残金の決算と同時に引き渡すのが一般的。なのでそれまでに引っ越しが終わっていれば良いので、そこまでバタバタしなくても大丈夫です。ケースによって異なりますが、売買契約から1ヶ月くらいをメドに考えておきましょう。

 

終わりに

不動産売却の大まかなスケジュールは把握できたでしょうか。「思っているよりもゆっくり進んでいくんだな」と感じた方も多いかもしれませんね。むしろトントン拍子で進んで、すぐに売買成立!になることの方が稀です。

 

原則、不動産業者の指示に従って進めていく形となるため、不動産を売却したいと考える方が1番注意すべきなのは不動産業者の選び方になってきます。仲介手数料などコスト面だけで選ぶのではなく、信頼して任せられる業者に依頼するのが失敗しない最大のコツです。

一括査定ランキング


一括査定ランキングはこちら