中古住宅の市場は減少傾向に!思い切って更地にすることで高く売れる可能性も

「不動産売却を考えているけれど…中古住宅と土地をセットで売却するより、更地にして土地だけ売った方が高くなることがあるって本当?」

 

古い物件がある不動産…例えば築30年以上など「そのまま住むのが難しい不動産」は更地にしてしまった方が高く売却できることが多い、と言われています。

 

ただ、必ずしも更地にしたほうが良いとは限らないのが難しいところ。そのまま売却して、買い手にリフォームしてもらった方が喜ばれることもあります。今回は不動産売却時の更地にするべきか否かについて考えてみたいと思います。

 

更地にしたほうが良いケース

まずは更地にした方が高く売れる可能性があるケースから紹介したいと思います。

 

古過ぎる物件

築30年以上経過している住宅だとさすがに買い手がつかないことがほとんど。リフォームするにしても、ある程度人が住めるような状態でないと難しいでしょう。

 

立地条件

こちらは素人判断はつきにくいのですが、例えば都内の1等地で、中古物件は余分だけれど土地や立地には非常に魅力がある。こういったケースだと更地にしてしまった方が高く売却できる可能性が高いです。

 

このあたりは不動産業者の人とよく相談した上で判断するのが良いでしょう。

 

更地にするデメリット

更地にすることで生じるデメリットもあります。

 

そのままでも売れた可能性

冒頭でも紹介した通り、最近は中古物件を購入してリフォーム・リノベーションする人が増えています。過去を見ても今が1番盛り上がっているかもしれませんね。

 

あまりにも古いなら更地にしてしまった方が良いかもしれませんが、まだまだ物件として魅力が残っている程度ならリフォーム、リノベーションを前提に売却するほうが良いことも。

 

解体費用がかかる

当然ですが更地にするためには業者に頼んで解体してもらわなくてはなりません。そして費用がかかります。木造、RC造で多少前後しますが、そこまで高いわけでもありません。

 

利用する業者や地域によっても変わりますが、おおよその費用の相場は以下の表の通り。

 

  木造 RC
15坪 45万円〜60万円 75万円〜90万円
20坪 60万円〜80万円 100万円〜120万円
25坪 75万円〜100万円 125万円〜150万円
30坪 90万円〜120万円 150万円〜180万円
40坪 120万円〜160万円 200万円〜240万円

 

木造なら1坪あたり3万円〜、RC造なら1坪あたり5万円〜が相場だと覚えておきましょう。また業者によって随分と金額に差が出てくるため、上手く比較・検討できればもっと安く抑えられるかもしれません。

 

固定資産税が高くなる

更地にする大きなデメリットのひとつに税金が挙げられます。建物が残っている状態なら、軽減処置を受けて評価額の6分の1が土地の固定資産税。しかし更地だと軽減処置が受けられないためかなり高くなってしまいます。

 

更地にしてすぐ売却できればそこまで負担には感じないかもしれませんが、買い手が見つからないときは無駄な固定資産税が発生するリスクがあります。

 

中古住宅と土地の2本立てて売却しよう

更地にするべきか、今のまま売り出すべきか…。判断に悩むときは不動産業者と話し合って「中古住宅として」「更地として」の両方で売り出してもらう方法もあります。

 

この方法に対応してもらえれば「リフォームするから住宅付きの土地が欲しい」「新築を建てたい」「駐車場にしたい」など様々なニーズに対応できます。

 

もしも「更地として買い取りたいから解体費用を負担してください」と交渉されることもあるでしょうが、その辺りも踏まえた上で不動産業者と金額を決定していけば良いと思います。

 

終わりに

不動産を売却するときに、更地にすべきか、今のまま売りに出すべきかは悩ましいところだと思います。ただ単純に土地の価値だけでなく、立地条件や今後の開発計画なども関係してくる部分です。とはいえこれらは素人が判断するのは難しいですよね。

 

なので基本的には不動産業者と話し合った上で決定するのが良いと思います。もちろん信頼できる不動産業者がいることが前提となりますが、懇意にしている業者がいるなら一度話し合う機会を設けてみましょう。

一括査定ランキング


一括査定ランキングはこちら