サラリーマンは会社が納税をしてくれるけれど不動産を売却したら年末調整が必要に!

会社員や公務員の人は税金は会社が代わりに行ってくれます。なので基本的に確定申告とは無縁の生活を送っていますよね。しかし、不動産を売却するなど、給与以外の収入があったときは年末調整のための確定申告が必要になります。

 

年末調整とは?

会社員は毎月の給料の中から税金が天引きされます。これを源泉徴収と言いますが、毎月納めている納税額が正しいとは限りません。例えば各種控除を受けているなど。これを最終的に調整するために年末調整が必要です。

 

年間の納税額は1月1日から12月末日までの年間収入から控除額を差し引いた金額に対して税率をかけ合わせ計算します。

 

会社側が年末調整することで、払いすぎた税金は還付、不足している時は徴収、という手続きを踏まえ納税が完了します。この年末調整は給料を支払う側の義務となっているため、サラリーマンとして働いている私たちにはあまり縁が無いように感じられます。

 

不動産を売却したら必ず確定申告しよう

上記した通り、年末調整は会社側が行ってくれます。ただし、その範囲は会社が把握している部分、つまり給料に関してだけです。それ以外については自分で確定申告し、年末調整しなくてはなりません。

 

確定申告が必要な人

給料だけが収入の人は会社側の年末調整だけで済ませられますが、副業があったり、不動産売却で利益が出た場合は確定申告しなくてはなりません。具体的には以下の条件の人になります。

 

  • 年収200万円以上の人
  • 副業で20万円を超える所得がある人

不動産売却の場合、ほぼ全員が2つ目の条件に当てはまると思います。つまり確定申告が必要です。

 

忙しい人はインターネットの確定申告がオススメ

確定申告が必要なことが分かっても、サラリーマンにとってなじみが薄いので面倒に感じられたり、煩わしく思う人もいると思います。普段の仕事だけでも忙しいのに、税務署に通う時間を作るのはなかなか難しいものです。

 

そう言った方にオススメしたいのがインターネットによる確定申告e-Taxです。インターネット上から確定申告が出せて、しかも書面申告よりも簡単。一度設定すれば2回目以降はもっとスムーズに確定申告できるようになります。

 

また嬉しいのが24時間受け付けていること。仕事が終わってからでも確定申告できるのが最大のメリットとも言えるかもしれません。

 

終わりに

サラリーマンにとって年末調整のために自分で確定申告をするのは不安に感じられるかもしれません。また手続きの内容もそれなりに複雑ですし、少しでも修正点があれば何度もやり直す必要があるのもハードルが高いと言われている理由だと思います。

 

ですが税務署の方と相談しながらじっくり進めていけば問題無くクリアできるはずです。不動産売却とセットで確定申告のことも忘れないようにしておきましょう。

一括査定ランキング


一括査定ランキングはこちら