中古マンションを売るときはできるだけ希望に近い条件で売れる可能性を探そう

マンションを売るときはできるだけ高く売れる方が良いに決まっています。実はここ数年、売り物件が少なくなりつつある傾向にあり、特に都心部ほど顕著に表れています。

 

購入希望者が多いにもかかわらず、売りに出されている中古マンションが足りていない、ということはそれだけ競合の可能性が下がり、売るチャンスだと判断できそうです。マイホームの売却、住み替えなど検討しているのなら、売り市場が高まっている今がチャンスかもしれません。

 

必ず訪問査定

マンションを売るときにまずは値段を決定しなくてはなりません。そこで不動産会社や仲介会社が行っている「査定」を活用しましょう。多くのケースでは査定から始めていきます。

 

査定には簡易査定と訪問査定の2種類が用意されています。簡易査定は面積、築年数、立地などいわゆる「カタログデータ」から算出した査定価格になります。そして訪問査定は実際にプロの査定員が訪れて細かくチェックしていき、売却予想価格を算出する、という内容です。

 

簡易査定はスピーディーに結果が出ることもあって大まかな売却価格を判断するのに利用。そして精密な価格を査定するために訪問査定を利用する、というのが理想的な査定方法だといえます。最近では忙しい、面倒、という理由から簡易査定だけで済ませようという人も増えていますが、売る段階になって思っていたよりもずっと安くなってしまった、買い手が見つからずに資産価値ばかりがどんどん落ちてしまった、となると考えものです。

 

売るなら専任の方が良い?

マンションを売るときは不動産仲介会社に依頼するのが一般的です。そうでなくてはなかなか買い手が見つかりません。不動産仲介会社に売却活動を依頼するためには「一般媒介契約」「選任媒介契約」のいずれかを選択する必要があります。一般媒介契約は複数の不動産仲介会社に売却依頼ができる、専任媒介契約はひとつの仲介会社に依頼する、という内容です。

 

これまでは「一般」を選ぶことが多かったのですが、積極的に営業活動を行ってくれるという理由から「専任」を選ぶ人が増えています。「専任」なら任された仲介会社は確実に自社で成果があげられる、ということで力を入れてくれますし、様々な集客活動に取り組めることから結果が伴いやすい傾向にあります。どこの不動産仲介会社を選ぶかはそれぞれで比較・検討してじっくりと決めましょう。

一括査定ランキング


一括査定ランキングはこちら