中古マンションの査定や見積もりは依頼する不動産業者の選び方の大事なポイント

中古マンションを売却する際には査定・見積もりを受けて相場を確認するのが鉄則です。もし時間的な余裕があるのなら、中古マンションの売却を検討し始めた頃から不動産業者の選別を始めておいたほうが良いです。これによってそれぞれの不動産業者がどのような広告や営業活動をしているのかを把握しやすくなります。

 

査定・見積もりは3〜5社程度に

査定や見積もりは多いほどよい、と思われがちですが3〜5社程度に絞るのがベターです。あまりにも少なすぎると相場が分かりづらいですし、多すぎると情報過多により混乱して正しい情報を判断しづらくなる可能性が出てきます。

 

また、最近の流れとして「選任媒介契約」が主流になっており、売却はどこか1社に任せるケースが多いので絞り込みに手間がかかる可能性も。基本的にいずれの不動産業者も査定結果にそこまで大きな違いはありません。しかし少しでも高く売りたいならしっかりと査定と見積もりを行うべきです。

 

高額査定に注意

複数の査定・見積もりを受けた際に「1社だけ飛び抜けて高い査定・見積もり結果が出た」場合は注意が必要です。多くの方は「この不動産会社に任せれば高く売れるぞ!」と思いがちですが、査定が間違っている、市場のニーズが理解できていない、きちんと査定していない、という可能性もあります。

 

そうなると無理な値段で売却することになり、買い手が見つからずに結局ズルズルと時間ばかりが流れて資産価値が下がってしまったというトラブルに発展しかねません。

 

査定の根拠と販売方針の確認

査定や見積もりを受けたら必ず「査定の根拠と販売方針」について尋ねましょう。どうしてこのような金額になったのか、どのような販売方式を選ぶのか(広告の種類、内容など)を納得がいくまで詳細に尋ねましょう。ほとんどの不動産会社は同じような回答になると思いますが、細部は異なるためしっかりと耳を傾けるように。

 

オンライン査定も視野に

最近ではインターネットを使った一括見積もり査定など「オンライン査定」が人気を集めています。特別な理由による減価要因がないならオンライン査定結果がそのまま見積もりに繋がるケースが多いので手軽に相場を確認できます。特に中古マンションはカタログスペックで価格が決まることが多いので気軽に活用してみましょう。

一括査定ランキング


一括査定ランキングはこちら