都内中古マンションの相場は上がり、地方の相場は下がる傾向に

中古マンションの売買を検討する際は必ず相場をチェックするものだと思います。では、昨今の中古マンションの相場事情はどのような動きを見せているのでしょうか。最大のポイントとなってくるのが「相場の二極化」です。

 

都内の中古マンション相場は堅調な動き

中古マンションの相場を語る上で注目されているのが「二極化」です。というのも、都内の中古マンションの相場は上昇基調が続いており、今後もこの傾向は継続していくのではないか、と考えられています。これにはいくつかの理由が挙げられます。

 

まずひとつが都心回帰、東京一極化の流れが再び起こっていること、そして不動産投資の対象として中古マンションが注目されていることが挙げられます。国内の不動産投資家はもちろん、海外の裕福層や投資家もこぞって都内の中古・新築問わずマンションに投資しているのが現状です。これは世界的に見ても東京の相場が条件と比較して手を出しやすいのが理由だと考えられています。

 

ですので、都内で中古マンションの相場をチェックする際には上昇基調が今も続いているのか、今後どれくらいまで続きそうなのかを確認しておきましょう。

 

地方の中古マンション相場は下がっている?

では東京以外の地方の中古マンションの相場をチェックしてみましょう。実は日本全体の中古マンション相場は緩やかに上昇している傾向にあるのですが、これは主に東京がリードしているからです。

 

その他の地方の中古マンション相場はほぼ横ばい、あるいは下がっている傾向がみられます。現在円安などの影響で建築費の高騰が続いており、新築マンションではなく中古マンションを選びたい、という方も増えているため、今後の相場の動きを注意深くチェックして「相場の流れ」を深く見ていく必要があるでしょう。

一括査定ランキング


一括査定ランキングはこちら