新築マンションにこだわらないで中古マンションも視野に入れることで物件選びの選択肢が広がる

マンション購入を考えるとき「新築マンションでなくては嫌だ!」という方も多いです。確かに、新しいマンションの方が気持ちよく生活できそうですし、設備も最新のものが揃っているイメージがあります。

 

しかし、中古マンションには新築マンションにない魅力もたくさんあるんです。両方の条件やメリットを把握することで物件選びの幅を大きく広げられます。ここでは新築マンションと中古マンションそれぞれの魅力を紹介していきます。

 

新築の魅力は設備や施設の充実

新築マンションの最大の魅力はなんと言っても「新しいこと」でしょう。建物自体が綺麗、というのは当たり前ですが、それよりも大きなメリットは最新の設備や施設が整っていることです。

 

また、意外に思う方もいるかもしれませんが新築マンションの方が費用を少なく済ませられることも珍しくありません。これは仲介会社を通さないで購入できることも多いこと、そしてマンション購入後に支払う修繕積立金も新築の方が安いため長い目で見ると随分な差がでてきます。

 

新築のメリットにはこのほかにも駐車場を確保しやすいこと、共用施設が充実しているタイプの新築マンションが増えていること(プールやゲストルーム、ジムなど)も挙げられます。マンションという新しいコミュニティーが形成できるのは核家族社会以降、喜ばしい状況だといえそうです。

 

中古の魅力は価格と立地の良さ

中古マンションの利点を上げると「購入価格が割安」「物件が多いため立地にこだわれる」「実際に見物できる」というのが大きいです。

 

同じ広さの新築と中古を比較してみれば購入価格の違いは一目瞭然。修繕積立金などの問題からあまりにも古いものだとかえって費用が高くつくこともあるので事前に計算を。

 

当然ながら新築よりも中古マンションの方が圧倒的に数が豊富です。その分だけこだわった物件選びができ、リーズナブルな価格で立地の良いマンションを購入できるチャンスも。

 

また新築の場合だと購入前に部屋の確認ができないケースの方が多いですが、中古マンションならその心配は必要ありません。実際に物件を確認できるので住み心地や周辺環境などをチェックできます。

 

立地や価格は良いけれどいまいち部屋の内容が気に入らない、という場合はリフォームやリノベーションを視野に入れればより快適な部屋づくりも実現できます。予算と相談しながら検討してみましょう。

一括査定ランキング


一括査定ランキングはこちら