東京の中古マンション相場は上昇基調が続く

東京の中古マンション事情は近年はずっと上昇基調が続いています。要するに、価格がじわじわと上がり続けている、ということです。これにはいくつかの要因が考えられます。まずひとつが東京一極化現象が再び起こっていること、そして不動産投資の対象として東京の中古マンションが国内外から人気を集めていることが挙げられます。

 

現在は超低金利化に伴って以前よりもずっと中古マンションを購入しやすい状況になったと言われています。しかし一方で円安の影響もあり新築マンションの高騰があるため中古マンションに人気が集中しているという部分もあります。これらの点から、東京の中古マンション事情は現在「売りが強い市場」だと言えるでしょう。

 

地区によって相場が大きく変わる

東京だけに限った話ではありませんが地区によって中古マンションの相場が大きく異なるのは当たり前です。しかし東京はその傾向が顕著に表れています。

 

いわゆる都心5区と呼ばれる地区の場合は中古マンションもかなり高値で取引されていますが、都心近郊になると途端に相場が下がります。とはいえ東京全体の中古マンションの相場を見てみるとここ数年にわたって上昇基調が続いているためなかなか手を出しにくいと感じる方も多いようです。

 

インフラ整備が順調に進む

東京オリンピックを控えているなど、再開発計画が大々的に執り行われています。そのため、これまでは東京の中でもそこまで中古マンションの価格が高くなかった所でも、今後はさらなる価格上昇が考えられます

 

インフラ整備と同時に再開発が進み、高級志向の高いマンションや最新設備を備えた都市型マンションが次々と建築されるのが予想されるため、東京の中古マンションの相場が下がるのはもうしばらく時間がかかりそうです。

一括査定ランキング


一括査定ランキングはこちら