不動産価値を調べる簡単な方法は?

不動産価値を調べる方法は2つ

 

家の売却をしたい、あの土地の相場が知りたい、または遺産相続で土地の価格を調べなければいけない。

 

他にも色々と不動産価値を知りたいと思うことはありますよね。そんな時にどうやって不動産価値を調べるかというと、2つの方法があります。それぞれの方法について以下で詳しくご説明します。

 

土地の価格のみを知りたい

 

不動産価値の中でも土地の価格のみを知るのであれば、自宅で手軽に調べることができます。国税庁ホームページには土地の相場をまとめた「路線価図」というものを掲載しています。

 

年度ごとに土地の時価が掲載されているので、調べたい土地の相場や評価額がいくらなのかをおおざっぱにですが知ることができます。

 

実際には土地の形や面している道路の数によってさらに詳細に価格を決めていくので、ここで割り出された土地の価格が=相場とも言えませんが、大体の手不動産価値を知ることはできます。

 

不動産会社に見積もりを出してもらう

 

土地付き一戸建てや分譲マンションの不動産価値を調べるのであれば、不動産会社に見積もりを出してもらうのが一番手っ取り早く正確です。

 

ただし、不動産会社の見積額は会社ごとに差があることもあるので、もし売却を検討しているのであればいくつかの不動産会社で見積もりを出してもらうことをおすすめします

 

一般的に、中古住宅の売却は築年数10年で住宅の評価は0になるとされています。そのため、土地と住宅の価格を合計した額のおよそ9割が土地の価格で残りの1割が住宅の価格とされています。

 

築年数10年以上の住宅であれば、土地の価格=土地と住宅の価格と考えて良いでしょう。実際に築年数20年以上の住宅となると土地のみで販売されている不動産と価格は変わりません。

一括査定ランキング


一括査定ランキングはこちら