不動産価値を計算する方法は?相場はいくら?

不動産の価値は立地条件経済状態などにより変動しますので、その価値を正確に把握することは個人には難しくなります。

 

ただし土地については一定の基準が存在しますので、比較的簡単にその価値を算定することができるのです。今回は土地の価格から不動産の価値を判定するための方法について、詳しくご紹介したいと思います。

 

土地の価格は路線価から算定することができます

上記の通り不動産の価値を正確に算定することは難しいのですが、土地に関してはそれを算定するための目安が存在します。土地の評価基準については、国税庁が発表している「路線価」を参考にしてみてください。

 

路線価は国税庁が相続税などの計算の基準とするために発表しているものであり、主な道路に面した土地の評価価格を簡単に調べることができるのです。相続税の計算は非常に複雑で面倒であるため、これを簡便にするために国税庁では毎年路線価の発表を行っています。

 

路線化から土地の価値を計算してみましょう

それでは実際に路線価を参考にして、土地の価値を計算してみましょう。実際の路線価図を確認してみると「00E」などといった表示がされています。この時の数字は土地1平方メートルあたりの価格を示しています。例えば「50E」であれば1平方メートルあたりの土地の価格は5000円ということになるのです。

 

ちなみに末尾のアルファベットは借地権割合を示しているのですが、今回は特に気にしなくても大丈夫です。路線価図の表示が50Eで土地の面積が200平方メートルであれば、単価5000円×200平方メートルで土地の価値は1000万円ということになります。ただしこれは相続税を計算するための一般的な基準となりますので、実際の価格については立地や周囲の状況などにより変動します。

 

建物はどのように評価すればよいのでしょうか?

土地付きの中古住宅を販売する場合には、全体の価格の9割が土地の価格で、残りの1割が住宅の価格となることが一般的です。自宅などのおよその価値を知りたいという場合には、上記の比率(土地:建物=9:1)を参考にすれば目安を算定することができるでしょう。

 

ただし建物の評価は個人には難しくなりますので、詳細な評価額を知りたいという場合には不動産会社などに見積もりを依頼してみてください。

 

実際の不動産の価値は築年数や経済状況などによっても変動します

今回は土地の価格から不動産の価値を判定するための方法についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。主な内容をまとめてみると、以下のとおりとなります。

 

  • 土地の価格は路線化を基準に算定することができます
  • 建物の価格は土地:建物=9:1の基準を参考にして算定してみてください
  • 正確な評価額を知りたい場合には不動産会社に見積もりを依頼しましょう

 

実際の不動産の価値は築年数や経済状況などによっても変動することになります。今回ご紹介した方法はあくまでもおよその価値を知るための目安として活用してみてください。

一括査定ランキング


一括査定ランキングはこちら