相続した不動産の価値を知るにはどうしたら良い?

相続した不動産の価値について

 

財産相続において、土地や住宅の相続で悩まれる方も多いと思います。相続される財産というと金銭的なものをイメージしがちですが、実際に相続される財産の7割以上は土地や住宅といった不動産となっています。

 

具体的に価格のわかる金融財産とは違い、不動産は価値が変動しやすく、いざ相続する場面になってどれくらいの価値があるか、価値を知る方法がわからないということも珍しくありません。

 

自分が相続を受ける立場になって困らないように、相続する不動産の価値がどう決まるのか、基本的なポイントを押さえておきましょう。

 

相続した不動産の価値を決める基準とは?

 

土地の価値は「一物四価」と言われるほど、どういった基準で査定するかで評価額が全く異なってしまいます。ただし、これは実際に売却や貸し出す時の話で、不動産相続においては国税庁が示す「路線価」に当てはめて決定されます。

 

路線価は実際に売買される価格の70〜80%程度の価格となっており、1平方メートルあたりいくらという記載がされています。相続する不動産の価値は、路線価×面積の方式でどの程度の評価額となるかがわかります。

 

また、路線価が表示されていない土地もありますが、この場合は「倍率方式」という計算式で評価額を決めます。倍率方式では固定資産税評価額に対して国税庁が定めた倍率をかけて評価額を出します。

 

路線価、評価倍率ともに国税庁のホームページで無料で閲覧できるので、気になる方はチェックしておきましょう。

一括査定ランキング


一括査定ランキングはこちら